BEP 364 – スタートアップのための英語 1: ピッチの準備

BEP 364 - スタートアップのためのビジネス英語 1: 英語でのピッチの準備

今日のビジネス英語ポッドの準備に関するレッスンにようこそ。 英語でのピッチ 投資家へ.

今日の経済を見回して、それを大きくしたテクノロジー企業を称賛するのは簡単です。. しかし、すべての成功のために, 百の失敗があります. スタートアップを設立したり、そのために働いたりした人なら誰でも、新しいビジネスが多くの不確実性と課題の世界に直面していることを知っています.

この経済では, スタートアップの成功は多くの要因に依存します. あなたが課題をナビゲートすることを学ぶことができれば, またはそれらを機会として見る, それならあなたもそれを大きくするかもしれません. スタートアップの成功における重要な要素の1つは、優れたメンターシップです。. 若い起業家が成功への道を見つけるのを助ける確立されたビジネスマンの強い伝統があります.

そして、メンターがあなたを助けることができる最も重要な機会の1つは、潜在的な投資家への最初の売り込みの準備です。. アドバイスを受けることを学ぶ必要があるときがあれば, この時点で. アン 英語のピッチ 投資家にあなたの会社を作ったり壊したりすることができます. そして良い準備, メンターが教えてくれるように, キーです.

メンターとの協力は、あなたが自由に意見を述べることができるかどうかにかかっています. それは批判的な意見を受け入れ、あなた自身の弱点を認めることを意味するかもしれません. しかし、あなたがこれを行うことができれば, そうすれば、メンターを使ってアイデアを跳ね返すことができます, 課題について直接助けを求める.

今日の対話で, 若い起業家のクインとキラの会話を聞きます, 彼のメンター. クインは、オンライン決済のスタートアップを潜在的な投資家に売り込む準備をしています. そして、彼がより経験豊富なメンターからどのように学ぶかを聞きます.

質問を聞く

1. クインは彼のピッチについてどのような強い意見を受け入れなければなりませんか?
2. クインはどのような弱点を認めていますか?
3. クインはキラにどんな挑戦を求めますか?

Premium Members: PDF Transcript | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module

BEP 354 – ビジネス英語コーチング 3: 進捗状況の確認

BEP 354 - Business English for Coaching Lesson 3: 進捗状況の確認

ビジネス英語ポッドにようこそ。今日のレッスンで進行状況を確認する コーチングプログラム.

自分の目標を設定していますか? おそらく, 正しい. これは私たちがよく耳にするものです, 特に新年には. 目標を設定する 成功の基本的な部分です. そして、あなたがコーチングの役割をしているなら, あなたはおそらく他の人が自分の目標を設定するのを助けました. しかし、実際の仕事は目標を設定することではありません; これらの目標を達成し、それを達成するために力を注ぐことです.

そして誰かのコーチとして, 誰かがいくつかの目的を決定するのを手助けすると、あなたの仕事は終わりません. 次のステップはフォローアップです, これは通常、指導者と一緒に座って進捗状況を確認することを意味します. あなたは物事がどうなっているかを彼らに尋ねます, 彼らがやったことを彼らが説明するのを聞いて. でも時々, 人は本当にフォローしていない. じゃあ?

それはあなたが責任を負うことによってあなたの価値を証明するときです. そしてそれはあなたの会社の価値を強化することを含むかもしれません, 人をコミットメントに留めようとするとき. もちろん, 人は障壁に遭遇したかもしれません, 質問して話し合うことができます. まだ, それらの障壁は言い訳として機能するべきではありません, そして、あなたは彼らの可能性に到達するために人を少し押す必要があるかもしれません. そして, もちろん, 優れたコーチは、この種のプロセス全体を支え続けます.

今日の対話で, 私たちは二人の弁護士の間の会話を聞き続けます, マリオンとレイチェル. マリオンは コーチング レイチェルは若い弁護士としての彼女の新しい仕事に適応します. レイチェルが直面している問題のいくつかについて話し合った, いくつかの目標を設定します. 現在、マリオンはこれらの目標に向けて進捗状況をフォローして確認しています.

質問を聞く

1. 会話の始めにマリオンはレイチェルに何を尋ねますか?
2. レイチェルは自分のためにどのような短期的な目的を特定しますか?
3. マリオンは彼女が「確信している」と何を言いますか?そして「間違いない?」?

Premium Members: PDF Transcript | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module

BEP 353 – ビジネス英語コーチング 2: 目標を設定する

BEP 353 - Business English for Coaching 2: 目標を設定する

Welcome back to Business English Pod for today’s lesson on setting goals during a コーチング セッション.

You’ve probably heard that an important part of コーチング is listening and showing empathy. A good coach tries hard to understand the person he or she is trying to coach. That helps build trust, which creates a constructive relationship. But what is that relationship for? What kind of work does that trust allow?

Once you build a good relationship as a coach, then you can start talking about improvements. 結局, coaches don’t exist just to hear about people’s problems. Their whole purpose is to help people get better. And a big part of getting better is setting goals, which is something a good coach can help with.

So how do we work with someone on their goals? 上手, that might start with asking about their motivation. 結局, goals have to be directed at something. If someone’s motivated by the idea of getting a promotion, then the goals have to relate to that. And that underlines the fact that they are the other person’s goals. We don’t set goals for them. We ask them about their goals. Then we can help them break their goals into smaller objectives.

もちろん, another important role of a coach is to give encouragement. So when we help someone set goals, we are in a good position to show confidence in their ability to meet them. そして最後に, we might ask them about their next steps. あれは, what are the concrete activities that the person will take as she tries to accomplish her goals?

今日の対話で, we’ll rejoin two lawyers: マリオンとレイチェル. Marion has been coaching Rachel as she learns how to be a better lawyer. 前のレッスンで, we heard Marion trying to figure out Rachel’s challenges. Now we’ll hear her help Rachel set some goals.

質問を聞く

1. 会話の始めにマリオンはレイチェルに何を尋ねますか?
2. レイチェルは自分のためにどのような短期的な目的を特定しますか?
3. マリオンは彼女が「確信している」と何を言いますか?そして「間違いない?」?

Premium Members: PDF Transcript | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module

BEP 352 – ビジネス英語コーチング 1: 分析が必要

BEP 352 - ビジネス英語コーチング 1: 分析が必要

今日のレッスンのためのビジネス英語ポッドへようこそ English for coaching.

Everyone understands the importance of a good coach in sports, but what about a good coach at work? 実際には, coaching is an important part of every manager’s job. Managing people isn’t just about telling them what to do and how to do it. A good manager helps employees develop and reach their full potential, just like in sports. And that requires an open and constructive coaching relationship.

Coaching involves an ongoing dialog between you and the employee. Together you’ll assess the situation, set goals, monitor those goals, and adjust your activities and objectives as you go along. はい, I said “together.” The 21st century manager isn’t the same as the 1980s manager. The relationship is different. You have to be the boss without being bossy. You need to maintain your authority and the employee’s autonomy at the same time. That’s a fine line to walk.

Coaching often begins with a needs analysis. あれは, you’re meeting with an employee to figure out what is working well, what’s not working at all, and what can be improved. That conversation will involve a lot of open-ended questions. It will also involve showing empathy, which is an important part of leadership.

When you talk about the employee’s performance, it’s important to give very specific examples of behavior. It’s also important to ask for their perspective on those behaviors. 最終的に, you want to get the employee to agree about what his or her challenges are. Only then can you move on to talk about solutions.

今日の対話で, we’ll hear Marion, an experienced lawyer, coaching a younger lawyer named Rachel. Marion and Rachel are having an open discussion about Rachel’s performance, and trying to establish what her needs might be.

質問を聞く

1. Why does Marion mention her own experience at her first job?
2. What example of Rachel’s performance does Marion bring up for discussion?
3. After assessing the problem, what does Marion ask Rachel at the end of the conversation?

Premium Members: PDF Transcript | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module

BEP 235 – 会議用英語 3: 積極的に参加

会議英語トレーニング

へようこそ ビジネス英語ポッド 会議への参加に関する今日のレッスン.

英語での会議 と他の企業イベントは素晴らしい学習の機会になることができます. 彼らはまたあなたの分野の他の人々とつながる良い機会になることができます. しかし、彼らがどれだけ優れているかは、スピーカーだけではありません。, ワークショップ, および他の参加者. イベントからどれだけの収入を得るかは、参加者としてのあなたの行動に大きく依存します.

あなたはあなたの最善の足を前に出す必要があります, 活動に従事する, そしてあなたの周りの人々に会います. この方法では, あなたはたくさんのことを学び、いくつかの良いつながりを作るでしょう. しかし、あなたが座っている場合, 質問しないでください, 他の人があなたと話すのを待つだけです, あなたは素晴らしい機会を逃すでしょう.

今日は、会議などのあらゆる種類のイベントで非常に役立ついくつかのテクニックを学びます, ネットワーキングソーシャル, または募金活動. 良い質問をする方法を学び、あなたが関与していることを示します. また、背景について人々に尋ねる方法も学びます, 褒め言葉を与える, トピックを自分の経験に結び付けます.

ダイアログで, アメリカの大企業の地域人材育成会議に再び参加します. ハンナが聞こえます, 会議の参加者, ワークショップ中. 次に、ハンナがプレゼンターに近づくのが聞こえます – ブレント – 後で昼食時に.

質問を聞く

1. ハンナはどのようなコンセプトに興味を示していますか?
2. 昼食時のハンナとブレントの間の最初の話し合いのトピックは何ですか?
3. ハンナはブレントがうまくいったと思いますか?

Premium Members: PDF Transcript | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module
トップにスクロールします