Business English Communication Skills

All Business English lessons for communicating in English. Our English communications skills lessons are listed below with the newest lessons first.

スキル 360 – Adapting your Communication Style (2)

ビジネス英語 360.90 - Adapting your Communication Style (2)

へようこそ ビジネス英語スキル 360 podcast for today’s lesson on how to adapt your communication style to different situations.

No doubt you’re aware of different communication styles, but do you think everyone has just one style? More likely your style on a good day looks different from your style on a bad day. Your style during a regular staff meeting might be different from a meeting where you’re going to read the riot act. 確かに, your style in a crisis should be different from your day-to-day communication.

明らかに, different situations require different approaches and different kinds of language. And underlining everything here is the importance of relationships. If you’re a solo entrepreneur working with your own money and with no staff, 上手, chances are you’re not listening to a podcast about communication styles!

Lesson Resources: Lesson Module | Quiz & Vocab | PDF Transcript

スキル 360 – Adapting your Communication Style (1)

スキル 360 - Adapting your English Communication Style (1)

へようこそ ビジネス英語スキル 360 podcast for today’s lesson on adapting your communication style to your audience.

Think about the different conversations you had at work yesterday, 上司と, with colleagues, クライアントと, and with your direct reports. Think about how those people spoke to you. Guaranteed, you will notice that these different people had different communication styles. One person might have been cheery and chatty while another was brusque and efficient.

今, think about how you responded to these people. Was your communication style consistent in all situations? おそらくそうではない. And it shouldn’t be! The best workplace communicators are adaptable. They change their style to suit the situation and the audience. And that adaptability is critical for success.

Lesson Resources: Lesson Module | Quiz & Vocab | PDF Transcript

スキル 360 – 上 10 ビジネス英語スキル (2)

YouTube video

ビジネス英語スキルへようこそ 360 今日のレッスンのトップ 10 ビジネス英語 スキル.

私たちの最後のレッスンで, スモールトークや意見表明などの英会話スキルを重視, 質問をする, アイデアを拒否する, 行動を起こす. もちろん, "会話"??誰かが言語スキルについて話すときに頭に浮かぶのは. しかし、私たちの多くは 英語コミュニケーション 会話ではありません, それ自体. あなたのスキルセットには、より多くのものが含まれている必要があります 意見を表明, 同意する, 同意しない, と作る 小さな話.

あなたが提供していることを少し想像してみてください 英語でのプレゼンテーション またはトレーニングセッションの実施. そのような状況では、どのようなスキルが必要ですか? 上手, あなたが習得する必要がある一つのことは、何かがどのように起こるか、または何かがどのように行われるかについて話すことです. つまり、プロセスを説明することを意味します 指示している.

ここでの重要なスキルは、シーケンスと呼ばれるものです。, または、アイデアを論理的な順序に並べて、その順序を視聴者に明確にします. これをする, 「最初の」のような簡単な言葉を使うかもしれません,」?? 「2番目,」?? "第三,」?? "次,」??そして最後に。"??ただし、「この時点で」のような表現を使用することもできます,」?? 「その間,」??そして「その後」??この種の言語を使用すると、アイデアを整理するのに役立ちます, 視聴者を失う可能性が低くなります.

言葉をつなぐのはプロセスや指示だけではありません. 熟練した英語を話す人は、あらゆる種類の単語を使用して、アイデアを結び付け、適切な議論を構築します。. 上司にアイデアを提案することを考えてください. あなたはガタガタと音を立てて、彼があなたが言おうとしていることの糸を拾うことを望みますか? またはあなたは まとまりのある説得力のある議論を提示する 「このため」のような表現を使用する,」?? 「したがって、,」?? 「それにもかかわらず,」??そして「さらに?」?

今、私はあなたが単に知的に聞こえるためにこれらの種類の言葉であなたのスピーチをこすることを提案していません. これらの正式な表現には時間と場所があります. しかし、アイデアを整理することの重要性はどのような状況でも当てはまります. そしてよりカジュアルな状況では, 「と」のような単純な単語にもっと頼ることができます,」?? "だが,」??など。"??

プレゼンテーションやトレーニングに加えて, 特別なスキルセットを持つ別の重要な状況は交渉です, または 英語で交渉. そして、私は企業パートナーシップに関するハイレベルな話し合いや主要なビジネス取引の交渉について話しているだけではありません. ギブアンドテイクを伴うあらゆる状況, 協力, または妥協は一種の交渉を伴います.

たぶんあなたと同僚は一緒にウェブサイトをデザインしようとしています. またはあなたとあなたの上司は仕事のスケジュールを理解しようとしています. または、2人の従業員にプロジェクトの予算について合意させようとしています. これらはすべて交渉スキルを必要とする状況です. 双方を認め、トレードオフを提案する必要があります. 多くの場合、これには条件文を作成する必要があります, 「if,」?? 「,」??そして「限り。」??そして、それらのステートメントが架空のものである場合, 「would」のような重要な助動詞を確実に理解する必要がありますか?と「できた」??

今日はあなたのアイデアを整理することについてたくさん話しました, 情報の明確さが必要な状況について. これは私に別の本質的なスキルをもたらします: 要約. 明確で論理的な議論を提示した後に何が起こるか, または、会議で妥協案を交渉しました? 上手, あなたは誰もが主なアイデアにとらわれることができるようにする必要があります. 要約すると.

「まとめる」のような表現で紹介された要約を聞くかもしれません,」??または「簡単に要約しましょう。」??しかし、本当のスキルは、それらの主要なアイデアやポイントが何であるかを理解し、それらを簡潔に述べることです. 逐語的に言われたことをすべて繰り返すことはできません. 必要なものだけを抽出し、アイデアを適切に言い換える必要があります.

今、私がこのレッスンのために私自身の考えでそれを正確に行う前に, もう1つ重要ですが、やりがいのあるスキルがあります: はっきりと話す. あなたはおそらく、明確なスピーチのコツを持っているように見える何人かの人々を知っています. しかし、それは生まれつきの才能だけではありません. あなたもクリアに聞こえることを学ぶことができます, 時間と労力をかければ.

だから正しい発音を練習する. はっきりと発音してみてください, 口が特定の形や音を出すのが自然でないと感じても. 練習すれば簡単になります. しかし、あなたがつぶやくなら, または、適切な音とイントネーションを生成しようと努力しないでください, それならあなたが何を言っても構いません, 人々はあなたを理解することができないからです.

さて、その要約はどうですか? 私はすべてのエース英語話者のための5つの基本的なスキルをカバーしました. 最初, シーケンスまたはステップバイステップの説明を提示する機能があります. 次はあなたのアイデアを論理的に結びつけるスキルです. 次に、交渉と要約があります. そして最後に, 発音とイントネーションに取り組む必要があります.

Lesson Resources: Lesson Module | Quiz & Vocab | PDF Transcript

スキル 360 – 上 10 ビジネス英語スキル (1)

YouTube video

ビジネス英語スキルへようこそ 360 今日のレッスンでは ビジネス英語 成功するために誰もが必要とするスキル.

塩で彼の体重に値するどんな教祖もあなたに言うでしょう, ビジネスは人間関係がすべてです. それは新しい人とつながることを意味します, 既存のネットワーク内の人々との良好な関係を維持します. そして、私たちがこれを行う方法の1つは、小さな話を通してです.

それは大きな重要なビジネストピックについてではないので、私たちはそれをスモールトークと呼びます. 週末のようなものについてです, 天候, スポーツ, または家族. 作る 英語でのスモールトーク 人とつながることができます, それらについてもっと知る, 気分を設定します. この種の会話には、簡単なコメントのやり取りが含まれます, 質問, と答え. あなたは他の人に興味を示す必要があります, だけでなく、あなた自身について少し明らかにする. そして、両方の人に共通のトピックに固執することが重要です.

小さな話で氷を壊したら, その後、より大きなトピックに進むことができます. そして、それはあなたがのスキルをもたらすところです 英語で意見を述べる. 正確にそれを行う方法は状況によって異なります. 会議中に自分の視点を追加したい場合, 「物事の見方」のような表現で紹介してもいいですか?または「私に関する限り」??

しかし、あなたが提案をしている場合、または アイデアを売り込む, それについて行くにはいくつかの方法があります. 「たぶん」のような言葉で丁寧にやるのかな?または多分"??または「できた」??または, もっと自信を持って言いたいなら, 「しなければならない」のようなより強い言葉を使うことができますか?または「すべき」??ここで重要なことは、状況を評価し、それに応じて言語を適応させることです.

結局, 英会話は話すだけではありません; 聞くことでもあります, そしてそれは私に質問をすることにつながります. 「はい」または「いいえ」という意味ではありませんか?質問. 私はあなたが聞いて従事していることを示す実質的な質問を意味します. これには、人々のアイデアに関する目の肥えた誠実な質問も含まれます. これは積極的な聞き手であることの大きな部分です, それは理解することを聞くことを意味します, 応答を聞くだけではありません.

もちろん, 聞き上手であることは、イエスマンであることを意味するのではありません. 会議への参加または 英語での交渉 アイデアを拒否する能力が必要です. そして、それは「いいえ」と言うほど単純ではありませんか?または「同意しません。」??ほとんどの状況では、より微妙な、または注意深いアプローチが必要です.

しかし、この種の軟化言語には注意してください. ノーと言うか、何かを拒否する立場にある場合, それについて明確にする. あなたはまだすることができます 外交 ワッフルせずに. そうするために, あなたはアイデアの肯定的な側面についてコメントすることができます, またはそれらの背後にある意図, 「いいえ」と言う前に??

アイデアを効果的に拒否することは、決定的で結果を得るための1つの側面です。. そして、それは私が今日言及したい最後のスキルに私をもたらします: 人々に行動を起こさせる. あなたはおそらく 英語会議 たくさんの素晴らしい議論があった場所, しかし、実際のアクションポイントはありません. したがって、効果的に委任する方法を学ぶ必要があります.

よし, だから私たちは5つの重要なものを見てきました ビジネス英語スキル. 簡単に要約してみましょう: あなたは小さな話をする方法を知る必要があります, 意見を述べる, 良い質問をする. 同時に, あなたはアイデアを拒否し、人々から行動を起こすことができる必要があります.

Lesson Resources: Lesson Module | Quiz & Vocab | PDF Transcript

スキル 360 – 英語の形式的レベル (部 2)

スキル 360 - 英語の形式的レベル (2)

へようこそ ビジネス英語スキル 360 for today’s lesson on the different levels of 口頭英語での形式.

Think about how you speak in your first language. Do you talk the same way to your colleagues as your wife? Or the same to your friends as your boss? もちろん違います. Different people, and different situations, mean different levels of formality.

We can think about four different levels of formality in spoken English. 最初, is “formal” English. This is what you might use when you’re giving a public presentation or speech. Next is what we call “consultative,” which is basically professional conversation like talking to your colleagues in a meeting. Then there is “casual,” which is the style you use when talking with your friends. そして最後に, there’s “intimate” language, which is used with your spouse or family members.

But what if you’re not sure about whether the situation requires formal or more casual language? 上手, in that case, stick to language that you know is neutral. そして覚える, neutral language is acceptable at all levels. Also note that there are individual differences in formality. Different people have different conversational styles. Some tend to be more formal, while others are more casual.

Lesson Resources: Lesson Module | Quiz & Vocab | PDF Transcript
トップにスクロールします