BEP 183 – トレーニング計画について話し合う (部 1)

このビジネス英語の語彙レッスンでは, トレーニングおよびトレーニングプログラムへのさまざまなアプローチのいくつかに関連するいくつかの一般的なコロケーションを見ていきます.

トレーニングは、企業が行う最も重要な投資の1つです。. トレーニングが不十分だと、パフォーマンスが低下する可能性があります, 非効率性, 従業員の不満, およびその他のさまざまな問題. 良いトレーニング, 一方で, 会社を円滑に運営することができます, 効率的, そして有益に. トレーニングプログラムにはさまざまな形や形式があります, 高度に開発されたオンラインシステムから非公式のオンザジョブトレーニングに至るまで. トレーニングの形式に関係なく, 望ましい結果について考え、それに応じて計画することが不可欠です.

聞く前に, コロケーションについて少し話しましょう. コロケーションは、ネイティブスピーカーがよく一緒に使用する単語のグループです. 正しいコロケーションは自然に聞こえます, 間違ったコロケーションは不自然に聞こえますが. 例えば, 英語で「オンラインにする」と言いますか?インターネットの使用について話す. しかし、「オンラインで進む」とは言えませんか?または「オンライン旅行,」?? 「進んだ」のに?と「旅行」?? 「行く」という意味ですか?. それらは単に自然な表現ではありません.

今日のダイアログでは、多くの便利なコロケーションが聞こえます. あなたが聞くように, これらの自然な単語の組み合わせを選んでみてください. 次に、それらの意味と、報告での使用方法について説明します。. トレーニングと能力開発についての2人の会話を聞くつもりです. ジェフは、エンジニアリングコンサルタントの会社のHRで働いています. 彼はデビッドと話している, トレーニングへの新しいアプローチについてプレゼンテーションを行ったばかりの人.

質問を聞く

1. なぜジェフは彼の会社がトレーニングへの新しいアプローチを見つける必要があると思うのですか?
2. ジェフの会社は現在どのような種類のトレーニングを行っていますか?

プレミアム会員: 研究ノート | オンライン練習 | フレーズキャスト

2 thoughts on “BEP 183 – トレーニング計画について話し合う (部 1)”

  1. Hi, dears Podcast,
    It has been a great pleasure to send meassage and it seem very log time since I send last meassage to you. Really Distence are longer and life issues are even more complicated, but despite all that People can get in touch by the availability of WWW and those sort of genius tools being innovated by modern technology wich are genuinely contributing to ease off life pressure.
    Any way I will try to sharing in any news informations. I am Sharif from Sudan -Darfur Region. Thanks a lot and gratitude for valumes info for the Poorest in needs.

  2. I realy pleasure to share my view with you about this wonderfull learning system. I live in home of endless war in east horn of Africa called Somalia, but since nowadays technolegy be came promt in over wolrdwide and made it easer acceccable invironment like village. I honestly shall try to maintain and keep information sharing with you. I would like to extent thanks to podcast creators for their tireless effort to set and staplish such knowledge provider system.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トップにスクロールします