BEP 100 – 就職の面接英語: 給与について話し合う

BEP 100 - ビジネス英語の就職の面接

あなたはあなたの最初と2番目を持っています 英語でのインタビュー, あなたはうまくやっています, そしてあなたは選ばれました. あなたは幸運な数少ない人の一人です – あなたは成功しました: 手元に求人があります. しかし今、プロセス全体の中で最も難しい部分の1つがやってくる – あなたの給料を交渉する. ここで間違えたら, あなたの時間と労力のすべてが無駄になるかもしれません.

給与交渉用, 準備 – あなたの研究をしている – 明らかに重要です. インターネット時代に, 給与情報に焦点を当てた多くのウェブサイトがあります, そのため、市場の調査は以前よりもはるかに簡単になります.

知識, しかしながら, 十分ではありません. ブローチする自信も必要です, または育てる, 妥協点に到達するために最初または最初のオファーを交渉するための主題とツール. あなたがそれを求めた場合にのみあなたはあなたが値するものを手に入れるでしょう. だから今日のエピソードでは, お金をうまく話すために必要なスキルに焦点を当てます.

Fun Beverages Internationalは、ブラジルのビジネスユニットの1つで人事マネージャーを務めるオファーをYalaSantosにすでにメールで送信しています。. ヤラは人事部長と話をするように頼んで返信しました, テッド, 詳細について. 彼らの会話を聞きます.

質問を聞く:

1. テッドが提案された開始日までに仕事を始めるためにヤラが必要だと言うのはなぜですか?
2. ヤラはどのように補償の対象をブローチしますか?
3. テッドは、ファンビバレッジが彼女のスキルと経験を認めてヤラに提供したと言っています。?
4. 彼らが話し合う最終的な妥協点は何ですか?

Premium Members: Study Notes | Quizzes | PhraseCast | Lesson Module

BVP 02 – 人事: トレーニングマネージャー

In the second part of our new ESL podcast series on business vocabulary, we continue with the topic of human resources (人事) by looking at useful language and collocations to describe the role and responsibilities of a training manager.

In this fast-changing global world, everything is moving. To make a successful business, it’s not enough just to follow yesterday’s trend. Companies and people need to constantly acquire new skills to succeed in tomorrow’s marketplace. This means driving new training initiatives to enhance performance. しかしながら, not all training is equally successful. To ensure training effectiveness, it’s important to track results and to have standard criteria for measuring outcomes.

BVP 01 – 人事: 人事マネージャー

Today we’re kicking off a new series of ESL business vocabulary podcasts based on people talking about their jobs. In these episodes, we’ll learn vocabulary and language that are useful across a wide range of different professions and industries.

In this podcast we’ll hear an HR manager, Greg, describe his work and responsibilities. Afterwards, we’ll study some key vocabulary. In particular we’ll be focusing on how words are collocated, or used together. Then we’ll practice what we’ve learned.

BEP 76 ADV – 業績評価: 目標を設定する (部 2)

これは2部構成の2番目です Business English Pod series on performance appraisals. In the first lesson, we covered giving feedback. これで ESLポッドキャスト, we will discuss setting goals.

The American poet Carl Sandberg once said, “Nothing happens unless first we dream.To this we can add the words of time management expert Diana Scharf Hunt: “Goals are dreams with deadlines.

To reach our dreams, it’s necessary to set goals. Without goals, there is no change, no development, no success. This is just as true for an individual as it is for an organization. それが理由です, along with feedback, goal setting is a very important part of the appraisal process. So in this follow-up podcast on job appraisals, we’ll be focusing on strategies and expressions for setting goals during the appraisal interview. Much of the language we’ll be learning in this lesson is also useful in any meeting where we need to discuss and set targets.

Wendy and Derrick, Wendy’s manager, have already discussed her progress and set goals for the areas of customer satisfaction and job training. As the listening continues, they turn to talking about two important productivity measurements.

Pay attention to the language Derrick uses to structure the conversation and to negotiate and agree goals with Wendy.

質問を聞く:

1) What are the two important productivity measurements that Derrick discusses with Wendy?
2) How does Derrick feel about Wendy making one-off (あれは, special) solutions for each customer?
3) What does Derrick advise Wendy to tell a customer who has not booked enough bandwidth?

プレミアム会員: 研究ノート | フレーズキャスト

BEP 75 ADV – 業績評価: フィードバックを与える (部 1)

業績評価 – 仕事の業績評価またはレビューと呼ばれることもあります – スタッフの可能性を伸ばす強力な方法です. これらのスキルは、 人事 (人事) 専門家, ただし、他のスタッフに対して責任を負うマネージャーまたはスーパーバイザーの場合.

業績評価を成功させるために, しかしながら, 構造化された方法で実施することが重要です. 加えて, スキルと外交を使用して、評価の2つの主要なタスクを処理することが重要です – 効果的なフィードバックを提供し、目標を設定する.

つまり、これは構造に焦点を当てた2部構成のビジネス英語ポッドキャストレッスンの最初のレッスンです。, 業績評価におけるスキルと外交. このポッドキャストでは, フィードバックを提供します. 第二に, 目標設定を行います.

このエピソードは、前向きな環境を作り、信頼を築く効果的なフィードバックを提供することに焦点を当てています. これらのフィードバックスキルは、業績評価だけでなく有用です。, だけでなく、彼らの仕事について誰かに批判的なコメントをする必要があるどんな状況でも.

ウェンディは、ConStarのビデオ会議コールセンターの新入社員です. 彼女はそこで働いています 10 か月, トレーニングを含む, それで、今度は彼女の最初の6か月の業績評価の時間です. デリック, 運用部門のマネージャー, ウェンディに彼女の評価を与えるでしょう.

として “ビデオ会議コーディネーター” ConStarの場合, ウェンディの仕事では、フォーチュンのビデオ会議をセットアップして接続するために特別な機器を使用する必要があります 500 クライアント. ConStarの顧客は、世界中の複数の場所で定期的にリモートミーティングを開催しています. ウェンディの仕事は、場所を結び付け、ヘルプデスクに電話したときに顧客の問題を解決することです。.

デリックはウェンディにどのようなフィードバックをしますか? 彼女は本当に頭がいい, でもプレッシャーをかけると襟の下が熱くなる傾向があります. つまり, 彼女は仕事のストレスを感じると動揺します. 時々彼女は気性を失う, そして彼女の同僚はそれについて不平を言っています.

質問を聞く:

1) ウェンディが現在処理している会議の数?
2) デリックがウェンディにフィードバックしたい主な問題は何ですか?
3) デリックはウェンディに問題の修正を支援するためにどのようなアドバイスをしますか?

プレミアム会員: 研究ノート | フレーズキャスト

トップにスクロールします