BEP 171 – ベンダーとのミーティング (部 2)

これは、3部構成のビジネス英語ポッドシリーズの第2回です。 ベンダーと会って提案について話し合う.

前回お話ししたように, 提案について話し合うためにベンダーと会うことは、一部は情報を入手することであり、一部はかなりの交渉についてです。. ベンダーに前向きに感じ、最良の価格で可能な限り多くを手に入れていると確信して会議から抜け出すには、ソフトスキルを使用する必要があります。.

最後のエピソードで, さまざまな種類の質問を通じて情報を取得することに重点を置きました. このレッスンでは, コストについての懸念を表明する方法を見ていきます, タクトでトピックを紹介する方法, 交渉でためらいを示す方法. また、架空の質問をしたり、数字を概算したりする方法についても説明します。.

スティーブに再び参加しましょう, 言語トレーニングを実行するために誰かを雇うことを望んでいる人, とカレン, その会社がプロジェクトに入札した.

質問を聞く

1. 混合コースの利点は何ですか?
2. 会議のこの部分でのスティーブの主な関心事は何ですか?
3. クライアントが混合配信に満足していない場合に何ができるか?

プレミアム会員: 研究ノート | オンライン練習 | フレーズキャスト

1 thought on “BEP 171 – ベンダーとのミーティング (部 2)”

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トップにスクロールします