BEP 181 – 危機への対応 3: 視点を得る

これは私たちの3番目です ビジネス英語ポッド 危機への対応に関するシリーズ. 危機の前半, 多くの混乱と活動があるかもしれません. でもその部分をうまくいくと, 次は何が来るのか?

クリティカルフェーズ後のある時点で, 人々は集まって状況を再評価します. チームワークが重要. 人々は危機を処理するために協力する必要があります. そうでない場合, 彼らが同意せずに別の方向に行こうとした場合, それは会社にとって良くありません. 団結は絶対に不可欠です. 早い段階でその統一を確立するには、優れたリーダーシップが必要です, それを維持するには良いチームワークが必要です.

私たちの最後のレッスンで, 生産エンジニアのマイクがシンガポールのコミュニケーション担当副社長と話しているのを聞きました, モニカ. 彼女はマイクから事故についていくつかの情報を得て、コミュニケーション計画を作成していました. それはまだ危機の重要な段階でした.

このエピソードでは, その重要なフェーズの後に電話会議が開かれます. 何が起こったのかを考え、状況を再評価するときがきました. 私たちはマイクとモニカを聞きます, アメリカのボスであるフランクと同様に, 工場長サンディ, そして、シモーネという名前の弁護士. 彼らが危機についての視点を獲得しようとするのを聞いて、彼らがこれまでの状況をどれだけうまく処理したかを理解しましょう.

質問を聞く

1. なぜマイクは「ごめんなさい」と言うのですか?シモーネへ?
2. ディスカッションでモニカが注目したいこと?
3. サンディはシモーネの懸念についてどう思いますか?

プレミアム会員: 研究ノート | オンライン練習 | フレーズキャスト

4 thoughts on “BEP 181 – 危機への対応 3: 視点を得る”

  1. This lesson is even useful to native speakers who are working in business! We could all use a little crisis management help from time to time! Thanks for another good lesson.

  2. Really useful for business professionals or business students needing to practise their English. Great examples!

  3. I have found this lesson very difficult in a sense. I mean the words are simple and sentences are also straight forward. However it is very hard for me to follow the flow of the logic.
    特に, I have no idea what Monica meant when she saidI don’t think this is the right time to be pointing fingers.
    If I heard this phrase in this situation, I would imagine that Mike is accusing Monica or somebody else on the causes of the incident or messes of the aftermath. But I can hardly hear that Mike is doing something like that. Mike simply tried to clarify what Monica meant, in my view. Hence I cannot see any basis for Monica’s accusation. Who and what exactly does Monica believe

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

トップにスクロールします